IMG_1889.jpeg

Drone School

広大な飛行場で訓練可能

I’m a paragraph. Double click me or click Edit Text, it's easy.

低価格での受講が可能

I’m a paragraph. Double click me or click Edit Text, it's easy.

初心者でも安心

I’m a paragraph. Double click me or click Edit Text, it's easy.

しっかりしたカリキュラム

I’m a paragraph. Double click me or click Edit Text, it's easy.

JMA認定パイロット養成コース(2日間)

JMA認定パイロット養成コース(2日間)申請コミコミパック

養成コースに包括申請・機体初期設定など追加した、コミコミコース。

「JMA認定パイロット養成コース(2日間)申請コミコミパック」のご案内を致しております。
国交相の許認可を受けて作成した教材を使用し、ドローンスクール(無人航空機対象)を実施致します。

スクリーンショット 2021-11-02 18.05_edited.jpg
gp1.jpg
gp2.jpg

Masakatsu Nakano 

Assistant

ドローンが国内市場に出回り始めた2016年には353億円程度だったものが 2020年には1932億円と5年間で約5.5倍に、 2025年には6427億円と10年規模で見ると約18倍凄まじい成長率が見込まれています。
これはドローンが「あたりまえ」になる裏付けであり、 また昨今の新型コロナウイルスの影響などにより、新しい生活様式が求められている中で、 更に市場規模は加速していくと見られています。

また、サービス市場を産業分野別にみると、特にインフラや設備点検の現場でドローンが普及していくとみられています。
橋梁、鉄塔、基地局、発電施設、プラント、工場やビル、船舶といった点検対象となる構造物に対して、ドローン活用が有効であることが理解され、 インフラや設備点検分野の利用が拡大していくことが予想されます。
機体の小型化・性能の向上により、工場や倉庫などの屋内、トンネルといった環境でもドローンを活用した点検が行われ始めており、 今までの人間による点検で危険が伴う場所や点検自体が困難だった場所での活動をドローンが行う新たな点検分野市場を開拓していく可能性があります。